categories

archives

月刊素子 1月号(5か月ぶりかな?)

久しい久しい数か月ぶりの月刊素子です。

前回はLEDか抵抗を扱ったような気がします。



今回は抵抗(R)、コイル(L)、コンデンサ(C)と

よく目に映る素子たちの中の

コンデンサを取り上げていきたいと思います。


上の3つの素子は切っても切っても離れられないような

関係で結ばれていて組み合わせで

いろいろな用途で使用できることは知っての通りです。


例えば、

周波数領域をフィルタで決定するとき など・・・。


また全く異なる特性もそれぞれ持っているということで

単独での利用も多いです。

身の回りの電化製品にはこれらの素子が

ものすごくあふれています。


気が付くと携帯電話からUSBメモリからまで・・・


工学院大学のロボコンでは

以下の2種類のコンデンサをよく使ってます。

・積層セラミックコンデンサ

・アルミ電解コンデンサ

の2つです。



左の小さい素子:積層セラミック
真ん中の大きい素子:アルミ電解

コンデンサは簡単に言えば蓄電器ですよね!


または交流を通して直流を通さない素子ですよね!!

            ↓

            ↓


直流電圧がかかってすぐは

充電電流としてコンデンサの容量に応じた電流が

コンデンサに流れ、

一度定常状態となってしまうと両電極をショートさせて

放電するまで電流が流れなくなるということです。


あと、電源周りにコンデンサを設置することで

”急な電流変化の影響が

電源を通して他の回路に伝わるのを防ぐ”

ってこともできてます




最後にコンデンサは逆接続で爆発するそうなんですが、


絶対にそんなことはしないようにしてくださいね






次回の月刊素子もそのうち載せる予定です。


今日も読んでいただきありがとうございました。


奇跡の第3回月刊素子時間は追って 

今回は回路班のかたが最も触れる機会が多いとされる


抵抗(ていこう)です!

実名は抵抗器という中の固定抵抗器という中の炭素被膜抵抗と言います。






説明はする必要は無いでしょう。

分からなかったらググってくださいwww


固定抵抗器という名のとおり決まった値があり、

これは〇〇〇kΩです。


他班のかたも抵抗を読めるようになってください。



これにて、今回の月刊素子は終了です!!


またいつかあいましょー!!





月刊素子第2号特別号

2週間ぶりのはずの月刊素子です。

第2回は年末ということもあるので、特別号と題していきたいと思います。



以前、ブログに載せられたことのある通称ガチャピンです

本名はターミナルブロックというもので、これを使うことによって接触がよくなるHA☆ZU


小さいガチャピンは20円・・・大きいガチャピンは70円


電源関係のコネクタとして使っていこうと思ってます



F^3RCでは電源のコネクタ(白いヤツ)の接触不良で幾度となく、

機体が動かなくなるなどの苦労をかけられました・・・

しかし、この苦労ともおさらばです








ガチャピン×1

↑ ガチャピン×1



ガチャピン×4

↑ ガチャピン×4




ガチャピンタワー

↑このタワーには一個だけ仲間はずれのガチャピンがいます。
  これを見分けられない人はいないでしょうんね・・・・・・・・・・・・・・  ・・・ ・・・


単純なことしか書けませんでしたが、これからはこの素子を有効活用できるようにしていきます!


今日も読んでいただきありがとうございました!!


| 1/1PAGES |